環境

  • OS:macOS Catalina(10.15)
  • Node:12.10.0

対象のNodeのインストール

# nodenv上にインストールされているnodeの確認
# systemに元から入っているnodeと10.16.3が現在インストールされています
$ nodenv versions
  system
* 10.16.3 (set by ~/.nodenv/version)

インストールしようとしたバージョンはnodenvにインストールされていないようなので、nodenv install 12.10.0 で該当バージョンをインストールします。また、インストール可能なバージョンは nodenv install --list で確認可能です。

# インストールが可能なバージョンを調べる。
$ nodenv install --list

# 12.10.0をnodenvにインストールする
$ nodenv install 12.10.0
Downloading node-v12.10.0-darwin-x64.tar.gz...
-> https://nodejs.org/dist/v12.10.0/node-v12.10.0-darwin-x64.tar.gz
Installing node-v12.10.0-darwin-x64...
Installed node-v12.10.0-darwin-x64 to ~/.nodenv/versions/12.10.0

# nodenv versionsコマンドでインストールされたのか確認
# 12.10.0 が表示されればインストール成功です。
$ nodenv versions
  system
* 10.16.3 
  12.10.0

local環境作り

いろいろディレクトリ毎の環境を作成します。対象のディレクトリに移動して、nodenv local 12.10.0 を叩くのみです。

# 対象のディレクトリに移動してバージョンを指定
$ mkdir LocalNodeTest
$ cd LocalNodeTest
$ nodenv local 12.10.0

## バージョンの確認
$ node -v
v12.10.0
$ nodenv versions
  system
  10.16.3
* 12.10.0 (set by {対象のディレクトリ}/LocalNodeTest/.node-version)

これで、LocalNodeTest 内のみNodeのバージョンが12.10.0になりました。非常に簡単にできました。また、バージョン情報は LocalNodeTest/.node-version にバージョンは記述されており、このファイルをgit管理して、プロジェクトで使用するバージョンを明記しておくといいでしょう。